これからの季節によく聞かれます - 六甲道ポータル

HOME > コーヒーロースト > ブログ > これからの季節によく聞かれます

コーヒー

これからの季節によく聞かれます

これからの季節によく聞かれます

『コーヒーの保存』

過去にも書いたことありますが、大事なのでもう1度お伝えします。

保存方法は3パターン。
常温、冷蔵、冷凍。
皆さんはどの保存方法でしょうか??

コーヒーにいい保存方法は…
『常温』で、次に『冷蔵庫』です。

お店で購入したコーヒーは、シーラー止めされた袋に入れられた状態で持ち帰ります。
家に着いたら、袋から豆(粉)は出さずに(なるべく空気に触れさせない)密封できるビンかジップロックに入れましょう。

さて、ここからです。

まずは
『粉』に挽いてお持ち帰りの場合
、焙煎した日から1週間から10日(焙煎度合による)以内に飲みきるようにしましょう。

挽かずに『豆』のままお持ち帰りの場合、焙煎した日から約1ヶ月(焙煎度合による)以内には飲みきりましょう。

粉に挽いたお客様で
『そんなに早いペースでは飲めない』
と、言う方ももちろん少なくはないはずです。
消費するのにどうしても10日以上かかってしまう方、『密封性の高い』袋、容器に入れて『冷蔵庫』のチルド室、もしくは野菜室に入れましょう。
ビンやタッパーはかさばりますので、ジップロックをオススメしてます。
密封性の高いものに入れないと、冷蔵庫の中の匂いをコーヒーが吸収してしまいますし、逆に酸化を早めてしまいますのでご注意を。

後は『冷凍保存』
がいいと本に書いてあったりします。
確かに低温+酸素に触れないようにすることで、酸化を遅らせることはできますので正論とも言えます。

ただ、僕の実験結果では冷凍は『長期保存以外』はおすすめはいたしません。
例えば、お中元やお歳暮でコーヒーを大量に頂いた場合は別の話で『冷凍保存』をおすすめします。(同じようにジップロック等に入れて)

仮に冷凍をした場合の注意点!

1度冷凍庫に入れたら
『出し入れをしない』こと。
僕が冷凍保存をすすめないのは、ここに問題があるからです。↓↓
コーヒーを出し入れすることによって、表面に水滴が付き、コーヒーが湿ってしまいます。これが『結露』です。
結露が酸化の原因となり、水分を多く含んだコーヒーは淹れた時に、よく蒸れず、風味も味わいも残念な味わいとなります。

まぁ、味とかの問題ではなく、コーヒーの酸化による味の劣化、体への影響の方がもっと心配ですね。
なんでも酸化してしまった食材は体内に取り入れてはいけません。
コーヒーも生鮮食品という事をお忘れなく……


 

お店の情報

店名

コーヒーロースト
神戸の小さな珈琲豆屋

電話番号

078-891-6592

所在地

神戸市灘区桜口町5-2-1
ウェルブ六甲道5番街1番館

営業時間

11:00~19:00
定休日:水曜日

その他

珈琲豆のテイクアウト専門店
お店のHP:http://roast.jp/
2015年5月15日ニューオープン

PageTop

オーナーズブログ
六甲道不動産
おかえり
カフェベルモンテ
smiley008cycles
クローバーカレー
オリジナル焙煎珈琲豆専門店
cafelapace
lienbriller
en_plus_shinzaike
行政書士山田事務所
駅前歯科
タン焼きBAN
和楽稲益
地蔵院
ウィンスター
英心学院
おいもsweets
brabono
アトリエSOL
gladsブログ
あけぼのブログ
オーナーズブログ募集

新着情報

カテゴリ

メニュー

あなたのお店紹介します!






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。