大将は旅にでています!!東京偏パート2「六甲道かつ丼橋兵衛」 - 六甲道ポータル

HOME > スタッフブログ > 大将は旅にでています!!東京偏パート2「六甲道かつ丼橋兵衛」

大将は旅にでています!!東京偏パート2「六甲道かつ丼橋兵衛」

今回訪れた「六甲道かつ丼橋兵衛」についてはこちら

本日は再び東京へやってきました。
今回は神田の老舗蕎麦屋《まつや》へ

0728まつや1809.jpg

恥ずかしながら私は蕎麦には全く無知で本格的な蕎麦は今回が初めてです。蕎麦の香り...蕎麦の食べ方...全くわかりません。
今回は何を勉強しに来たかといいますと、ズバリお出汁です。
現在のまつやさんは、六代目が暖簾を引き継いでます。
その拘りは蕎麦はもちろん出汁にも蕎麦以上の極みがあると聞きます。
その日の天気、気温、季節などで若干味を変える...その調整は長年の感覚と経験がなければ不可能だと思います。
毎朝、五代目と六代目か出汁釜の前で味を整える作業は職人として有るべき姿なのでしょう。

オーダーはストレートにざる蕎麦とかけそばを。。
ざる蕎麦ですが蕎麦に詳しくない私にはコシが今までとは全く違う...という表現しかできません...若輩者ですみません、、
かけそばですがこちらは着丼した時点で鯖節と醤油のふわりとした香りが漂います。
東京そば特有の醤油ベースを保ちつつダシがしっかり利いたツユは老若男女が共通して好む味だと思います。初めて食べる味なのにどこか懐かしい味...という不思議な感じでした。
きっと流行りや個人の好みに左右されるのではなく、ひとつの味を代々引き継ぐ事が何よりも《味》なのでしょう。
老舗=高級という概念が知らぬ間に根付きがちですが、蕎麦=庶民食という概念もある意味忘れてはいけない...と感じる事のできた今回の東京でした。

本日も良い勉強ができました。

六甲道 橋兵衛 橋本

「六甲道かつ丼橋兵衛」の詳細ページはこちらを!


 

本サイトに対するお問い合わせこちら

お問い合わせ

PageTop

オーナーズブログ
六甲道不動産
おかえり
カフェベルモンテ
smiley008cycles
クローバーカレー
オリジナル焙煎珈琲豆専門店
cafelapace
lienbriller
en_plus_shinzaike
行政書士山田事務所
駅前歯科
元山精肉店
タン焼きBAN
和楽稲益
地蔵院
ウィンスター
英心学院
おいもsweets
brabono
アトリエSOL
gladsブログ
あけぼのブログ
オーナーズブログ募集

新着情報

カテゴリ

メニュー

あなたのお店紹介します!






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。